プロフィール

ユーザー名

ひふみ農園(無農薬栽培)

自己紹介

<無農薬栽培のため、虫食いがあります。まれに虫が野菜に付いていることもありますのでご了承くださいませ。形も良くないものもあります。> ひふみ農園は2010年より無農薬・無化学肥料・無畜産系肥料で野菜やお米を栽培しています。無農薬・無化学肥料栽培は昭和初期の栽培方法に似ているため、市販の野菜よりも味が濃く、昔の野菜の味がすると皆様からご評価をいただいています。ただ、自然のままに栽培していますので、曲がっているものもあったり、市販の野菜と比べると形はあまりよくはありません。 ひふみ農園では、農薬を使いませんし、虫を手で取って殺すこともありません。野菜に虫がいても、そのままにしておきます。そのため、てんとう虫やミツバチ、トンボ、オケラ、ハサミムシ、カナブン、クワガタ、カブトムシなどの多くの虫がいます。農薬を撒かないため、雉(きじ)やひばり、鶯(うぐいす)なども農園に遊びに来ます。 2018年弊社ひふみ農園で栽培した約50種類の野菜と果実の乾燥粉末が、体内を還元(抗酸化)する乾燥粉末として特許を取得しました。 特許の内容は以下のように記載されています。 【発明の名称】体内を還元させる野菜、果実の乾燥粉末の製造及び保存方法 その後、特許取得の野菜の乾燥粉末を使いクッキーや人参ジュース、サプリメントなどを製造しました。 弊社の特徴は、自分たちで栽培した野菜を主原料としてクッキーやサプリメントを製造していることです。弊社の商品は独自で製造したものですので、他社では販売されていません(一部代理店にて販売)。 また、種は固定種とF1種の両方を使って栽培しています。固定種はできるたけ自家採種をしています。弊社が独自で考案したひふみ農法は比較的良い農法だと考えていますが、自分たちの農法が絶対とは思ってはいません。良いと思われる農法があれば、積極的に取り入れていく方針ですし、常に新しい農法を研究し、実験をしています。 地球にあまり負荷をかけず、鳥や動物、虫たちとできるだけ共生できる農法を目指して今後も研究・実践をしていきたいと思います。■ひふみ農園の本「ひふみ循環農法」 今後とも、よろしくお願いします。