2021-11-19
10月30日(土)10月31日(日)に、三田国際学園中学校・高等学校で開催された学園祭 MITA INTERNATIONAL FESTIVAL (MIF)で『夏秋いちご』を使用したジュースが販売されました。 詳細はこちら(https://unica.market/notification/show?notification_id=notification003)

ユニーク揃いの『秋夏いちご』

青森の中でも本州最北の地、下北半島。 その東端に位置する 東通村 にて、『夏秋いちご』という作型でいちごを栽培しています。 冷涼な気候が夏秋いちごの栽培に適しているため、国産いちごが市場から減少する時期に出荷することが可能です。 今回の商品では小売に出回らない品種で、甘みと酸味のバランスが取れた「すずあかね」と、果肉感がしっかりとした酸味のある「赤い妖精」の規格外品を品種ミックスでお届けしています。 ※こちらの商品は加工向けのため、原型を留めない用途、加工用としてお買得にご提供させていただきます。 スレ傷穴、形がいびつな物、小粒、種が寄っている物、着色不良果(白っぽい)といった、ユニーク揃いのいちご達がジュースになって学園祭で販売されました。

見た目が気にならないスムージーに加工

学園祭ではいちごバナナスムージーにして販売! 加工向け商品のため、バナナと一緒にスムージーにすることで傷や着色不良などは全く気になりません。 大きさのばらつきも小さいものは0.5個分、大きいものは2個分と臨機応変に対応し、ジュースごとに味が変わってしまうということもありませんでした。 ジューススタンドでは全部で5種類のジュースが販売されましたが、高校生たちの努力もあり、いちごとバナナのスムージーは店舗売上一位の商品になったそうです!

ジューススタンドの人気商品に!

人気商品とだけあり、当日は即完売! あまりのおいしさに、おかわりをしてくれた人もいたそう。 自宅でもいちごを使ったスムージーにしたり、自家製ジャムにしたりと、様々な楽しみ方ができそうです。 見た目で避けられてしまうこともある規格外野菜ですが、品質や味に問題はありません。 今回のジューススタンドは、消費者がそれに気づくきっかけになったのではないかと思います。
加工向け 夏秋いちごをチェック!